×

CATEGORY

HOME»  GRASS HOPPER»  馬の紹介その1»  馬の紹介その2»  馬の紹介その3

馬の紹介その3

グラスホッパーの愉快な仲馬たち

グラスホッパーでは、27頭のお馬さんと、1匹のワンコが仲良く暮らしています

シルキーアン

シルキーアン
通称 アン
生年月日 2003.05.14
牝・青毛
大樹町産
シェトランドポニー

ポニーたちの中で少しだけ背の高いのがアン。シドとレミのお母さんです。
自分でも他のポニーたちとは格が違うと思っているようで、ちょっぴりプライド高く振る舞っています。

でも、最近少しお腹が横に出てきて、「まだ子供いるの?」なんて言われることも・・・(笑)

シド

シド
生年月日 2013.
牝 ・ 斑毛
新冠町産
ポニー

素敵な斑模様とキョロキョロした目が可愛いシドちゃん。放牧地で自分から寄ってくる人懐っこさはグラスホッパー産の証です。服を噛んだりなんて、悪いことはしません。興味を持つとぐいぐい寄ってくるので、いつもどアップ写真ばかり・・・。体は小さいけれど活発なお転婆さんです。

名前は公募によりお客様に命名して頂きました。音階ドレミファソラシドから。レミも一緒に素敵な音響を奏でていけることでしょう☆

2014年に双子のように見た目がそっくりな妹、レミが誕生し、なかなか面倒見の良いお姉ちゃんをしています。

レミ

レミ
生年月日 2014.
牝 ・ 斑毛
新冠町産
ポニー

シルキーアンの娘です。姉シドと見た目も模様もそっくりですが、目がクリクリしているのがレミちゃんです。生まれてしばらくは人見知りの臆病なフリをしていましたが、やっぱりシドちゃんの妹。今ではすっかりお転婆になり、油断していると後ろからそーっと近寄って服をかじられたりします(笑) 

名前はお客様から「ソラ」という案もありましたが、女の子でシドの次、ということで「レミ」になりました。ドレミファシリーズ、残りはドレ・ミファ・ファソ・ソラ・ラシ・・・。どこまで続くか、ちょっと楽しみです。

ティンパニーⅡ

ティンパニーⅡ
通称 ティンパ・モヒカン
生年月日 2014
オス ・ 栗毛
新冠町産
ポニー

2014年産ゴマ×ラックの長男。産まれてきた頃から重力に逆らったたてがみをしていたので、名前が付けられる前からモヒカン呼ばわりされてきました。最近では伸びたたてがみが、ますます重力に逆らってきており、モヒカンよりも五右衛門に近くなってきてきたような気がします(笑)小さな体ですが、とってもやんちゃです。

ティンパニーの音色のようなコロコロとかわる興味心で、行く先々でヤンチャをし、皆に笑顔を振りまいていきます。生後3か月にしてグラスホッパー自由党のアオちゃんの弟子入りをし、日々脱走の仕方を学んでいるとかいないとか・・・

アルペッジョ

アルペッジョ

ジャネット

ジャネット
生年月日 2014.
牝 ・ 青斑毛
新冠町産
ポニー

2014年度産ポニーの中で一番の骨太ガッシリ体型。ワンダーの娘。
マイケル・ジャクソンという候補もありましたが、女の子というわけで有名シンガー、ジャネット・ジャクソンより名前を拝借しました。

ムーンウォークはできないけれど、ムーミン・ボレロから伝授されたエサ桶ダンスが得意です(笑)
体格が良いので、将来的には鞍を付けて曳き馬やレッスン馬に…なんて良いかもしれません。

人への好奇心が強く、放牧地でぼーっとしていると、服やらカパンの先をかじかじされちゃうのでご注意くださいネ☆

マーチ

マーチ
生年月日 2014.07.18
牝 ・ 栗毛
新冠町産
ポニー

2014年度産ポニーの中で一番最後に産まれました。7月の後半という遅生まれなので、他の仔に比べるとヨチヨチの赤ちゃんですが、すでに門別競馬場のイベントデビューを果たしました。

過保護な母グラミーといつでも一緒で、ママの横でコロンと転がっている姿をよく見かけますます。先に産まれたお姉ちゃんたちに負けないように、いっぱいお昼寝して、元気に育ってね~。

だいず

だいず
生年月日 2013.
オス ・ 白毛
北海道犬

某携帯会社のCMで有名な北海道犬のダイズ君。お山育ちなので、とにかく走り回るのが大好き!よく鹿や野鳥を追い掛け回して、狩猟犬としての本能に磨きをかけています。

右目が見えないので、上から急に撫でられるとビックリしちゃうことがあるのえ、触るときは左目側から手を出してあげて下さいね。

まだ「お座り」と「待て」しかできませんが、看板犬としてがんばっていますので、どうぞヨロシクお願いします♪

キセキノテイオー(仮)

キセキノテイオー(仮)
通称 テイオー
生年月日2014.07.03
オス・ 栗毛
新冠町産
サラブレッド

かの名馬トウカイテイオーとキセキノサイクロンの間に産まれた、グラスホッパー産サラブレッド。トウカイテイオー最後の子種として産まれた後から多くのテイオーファンに来ていただいており、人と触れ合って覚えた懐っこさはやっぱりグラスホッパーの仔。人見知りなんていたしません。物覚えの良さは、賢いと言われていたトウカイテイオーの血筋でしょうか。

女帝ともちゃん、ラパンという心強いおばさんたちにも見守られ、すくすく育っています。将来は競争馬デビューするのか、乗用馬となるのか?!
何にせよ期待のかかったプリンスです☆

CONTACT お問い合わせ

農業生産法人日高馬ーちゃんだいず株式会社に関するお問い合わせはこちら

0146-49-5511 /
0146-49-5512

SEARCH

CONTENTS

CATEGORY